未分類

VIOはとてもデリケート!脱毛施術の際に気をつけるトラブルとは

投稿日:2017年3月26日 更新日:

VIO脱毛は、今では女性のエチケットとなっているため、人気の施術となっています。

今ではさまざまな福岡で人気のあるVIO脱毛サロンでVIO脱毛を行っています。脱毛方法によってはヤケドや我慢できない痛みなどのトラブルが起こる可能性もあるので注意が必要な場面もあります。

脱毛する際は出力に注意!

VIOだけに限ったことではありませんが、施術をする際、出力が高すぎた場合などには、ヤケドのリスクが高くなってしまいますから、注意が必要です。

また、施術中の痛みは、人によっては施術を中止するほどの激痛を伴う場合もあります。VIOの中でも、IラインやOラインは、ほとんどの人が色素沈着しています。

あまりにも黒ずみがひどいと、照射したときにヤケドになる可能性が高くなりますから、ヤケドなどのトラブルを回避するためにも、肌や毛質によって、適切な出力設定をしてくれるサロンを選ぶことが大切です。

医療用レーザーという脱毛方法もある

エステサロンなどは、比較的痛みが少ない方法ですが、医療用レーザーは、激痛を伴う場合があります。

ただ、医療用レーザーの場合は、出力を下げてもらうこともできますし、痛みを軽減するために麻酔をしようすることもできますから、我慢しないで痛みはスタッフに伝えるとよいでしょう。

そのほかにも、施術後肌に赤みがでることもあります。ただ、これはほぼすべての人が体験することで、肌トラブルではありません。

事前のカウンセリングでも説明されることですが、こういった赤みは、一時的なものなので、クールダウンすると引いてきますから心配はいりません。

VIO脱毛を家で行うときの注意点

水着を着るときや衛生的な目的でVIO脱毛を行う人が増えています。家で脱毛を行うときは、どのような点に注意をして処理を行なえば良いのでしょうか。

VIOの部分はとてもデリケートな部分で、皮膚も他の部分に比べると薄くなっています。

自己処理で炎症や埋没毛が起こってしまうことも…

カミソリで剃ると肌を傷めてしまうことがあります。肌を傷めて炎症が起こり、それをそのままにしておくと、色素沈着などが起こることがあるので注意が必要です。

毛抜きで毛を抜くと毛穴から雑菌が入ることがあります。また、毛が皮膚の下に埋もれてしまう埋没毛が起こることがあります。

カミソリや毛抜きで処理を行うと肌に負担がかかることが多いので、処理を行うときは慎重に行わなければいけません。

家庭用脱毛器でもちゃんとした脱毛効果がある

家でVIO脱毛を行うときは、安全に使用できる家庭用脱毛器を使用すると、肌を傷めることなく安全に処理を行うことができます。

最近は、エステサロン並の効果があり、ムダ毛を剃ったり抜いたりせずに光やレーザーの力で処理を行う機器が出ています。

そのような機器を使用すると安全で高い効果を実感しながら処理を行うことができます。自宅でVIOの部分をキレイに処理をしたいと思っている方には家庭用脱毛器がおすすめです。

自己処理では抜けないVIOゾーンの脱毛

VIOというのはデリケートゾーンやアンダーヘアのことで、自分で処理するのはなかなか困難な部位のことです。ワキや手足のなかなか抜けない毛を自己処理しているという人は少なくありません。

けれども、デリケートゾーンは自分の目で見ながら処理するのは困難だし、カミソリなどで自己処理した後は数日するとチクチクして皮膚のかゆみとなったり、ショーツからチクチクと飛び出して来たりと、悩みが尽きないものです。

また、普段外部に出ていないとてもデリケートな部分なので、ちょっとした刺激で皮膚トラブルなどを起こす可能性もあります。そんな時にはVIOゾーンを永久脱毛するのがおすすめです。

VIO脱毛をする前にした後のことも考えておきましょう

自分ではなかなか抜けないような部位でも、VIO脱毛なら確実に永久脱毛できるので、自己処理によって皮膚トラブルを起こしてしまう心配もなくなります。

ただし、永久脱毛してしまうと、年齢を重ねてから将来的につるつるの状態が嫌だと思っても、処理した部分に毛が生えてくることはなくなります。

日本ではまだそれほどにはVIO脱毛が一般的ではないのですが、アメリカでは男女ともに年齢を問わずしっかりとお手入れをしている人が多く、もはやVIOゾーンの処理はエチケットだという感覚が浸透しているようです。

脱毛の予算を抑えるためには費用対効果を考える

脱毛をするなら安さと効果を考えて、費用対効果の高い方法を選びましょう。予算を抑えたいのはみんな同じですが、安くすることだけが目的ではないでしょう。予算を抑えるならシェービングが一番ですが、シェービングを何年続けても薄くなることはありません。

シェービングとは肌表面にある毛をカットするだけであり、毛乳頭にダメージを与えることはできないわけです。毛抜きやワックスで抜く方法も同じく、永久的に処理を続けるしかありません。

サロンやクリニックで定期的に施術を受けよう

費用対効果を考えるならサロンやクリニックの脱毛がおすすめです。これらの方法のメリットは、回数を重ねるたびに薄くなっていくことです。

徐々にやわらかい毛質になっていくので、定期的に処理を受けてください。基本は2ヶ月に1回ですが、2週間に1回の頻度で受けられるところもあります。当然ながら頻度が多いほど、短期間で完了することができます。

自己処理は肌を傷つける可能性があるのでやめましょう

脱毛において大切なのは、将来的にムダ毛を薄くすることであり、そのためには自己処理という選択肢はありません。サロンの光、クリニックのレーザーは減毛ができるので、回数を重ねるたびにチクチク感がなくなっていくはずです。

チクチクしている状態でシェービングをすると、肌を傷つけやすくなるので体毛が濃い方ほどシェービングは避けるべきでしょう。

サロンやクリニック脱毛の目的は赤ちゃんのようにやわらかい毛質に変えていくことであり、最終的に自己処理を不要にしてくれます。自己処理は肌によくないので、なるべく早く福岡のVIO脱毛サロンやクリニック行くようにしましょう。

Oライン処理は市販の脱毛器で

気づいたら伸びていて、いつの間にか下着や水着からはみ出しているアンダーヘアは、女性の悩みの種ですね。中でもお尻の周りのOラインのムダ毛に困っている方は意外に多いようです。場所が場所だけにカミソリで剃るのも難しいし怖いですし、思い切って永久脱毛したくても、そんな場所を他人に晒すのはかなり恥ずかしいでしょう。

サロンよりはパワーは弱いが続けていれば効果あり

そんな厄介なOラインの脱毛は、市販の脱毛器で処理することをお勧めします。市販の脱毛器といっても、小型なだけでエステやクリニックと同じくレーザーで毛根を破壊する方式の機械になります。もちろん小型なので、パワーは専門の施設のものより落ちますが、回数を重ねれば必ずきれいになります。

腕や足の毛よりレーザーが反応しやすい

また、Oラインの毛は太くて硬い毛なので、レーザーにとても向いているのですね。腕や足の毛は細くて柔らかいので、黒い色素に反応するレーザーではなかなか効果が出ないのですが、Oライン含めてアンダーヘアの処理ならレーザーが最適です。

パワーが小さいので、痛みという点でも専門の機械よりは痛くないので安心ですね。やり方としては、鏡で局部を映しながら自分でレーザーを照射していくことになります。想像するとかなり恥ずかしい格好ですが、他人にやってもらうよりは断然マシなのではないでしょうか。

-未分類

Copyright© 福岡で口コミ評価が高いVIO脱毛ランキング , 2018 AllRights Reserved.