未分類

乾燥している肌には脱毛NG!VIO脱毛中もしっかり保湿しよう

投稿日:2017年3月28日 更新日:

肌が乾燥していると痛みを感じやすいため、少しでもVIO脱毛の痛みを軽くするためには施術前後の保湿が大切です。

施術後に保湿を行うのは、次の施術に備えるためと脱毛でダメージを受けた肌を保護するためです。

保湿に有効なアイテムは?

クリームを塗るのが効果的ですが、顔や身体よりもデリケートな場所なので、低刺激あるいはVIO専用のスキンケア用品を使わなければなりません。

弱酸性でアルコールや着色料を使っていないものを選ぶことで、肌トラブルを防ぎます。VIO専用のクリームには、黒ずみを改善するなど保湿以外の効果も加わっていることが多いです。

黒ずみがない方が見た目が良くなるだけでなく施術の痛みも改善されるため、美白効果が期待できる商品を選ぶ人も少なくありません。

お風呂に入る時も潤いはキープしましょう

またお風呂に入る時も潤いを守ることを意識します。丁寧に洗う部分なので、長時間シャワーに当たっていることが多いです。

しかしシャワーの温度が高すぎると、肌に必要な油分や水分まで奪われます。クリームでケアしてもお風呂のたびに潤いを失っていては乾燥は改善しません。

洗わず放置するわけにもいかないので、VIOにお湯をかける時はシャワーの温度を生温いくらいにして優しく洗うようにします。

最近の脱毛サロンはアフターケアにも力を入れているところが多いので、保湿クリームを販売したり無料で配ったりすることもあります。パッチテストを行って肌に合っていることが分かれば、サロンで使われているものを使って良いです。

VIO脱毛の狭い範囲に適した施術方法とは

VIOラインとは、ビキニラインのV、陰部周辺のI、お尻の穴周辺のOの部位のことをいいます。VIOラインのムダ毛でなく、すべての毛を処理することを、ハイジニーナといいます。

アンダーヘアを一部、または全部処理することによって、水着や下着から毛がはみ出る心配がなくなり、ムレや生理時の不快感も軽減することができます。

この部位は、デリケートなので、衛生面にも十分に気を使ったエステサロンや脱毛クリニックでケアをお願いするのが理想的です。VIOなどの狭い範囲の脱毛に適した施術方法には主にふたつあります。

施術方法その① レーザー脱毛

ひとつは、レーザー脱毛です。光の反応によって発毛のもととなる細胞にダメージを与えます。

光を一点に集中させて照射するので、より高い効果を得ることができます。痛みも少なく肌に優しいので、安心です。

施術方法その② ニードル脱毛

ふたつめは、ニードル脱毛です。毛穴に針を刺して電気を流し、発毛組織を凝固させます。

一本ずつを確実に処理でき、狭い範囲のケアにも適していますが、多少の痛みを伴うことがあります。

クリニックではエステとは異なり、医療法に基づいて、麻酔の使用が認められているので、事前のカウンセリングで相談をしておくと、失敗がありません。

VIO脱毛は自然に抜けるサロン利用を

アンダーヘアやVIOラインのケアはどのようにすべきか、人にも聞けずに悩んでいる人も多いものです。しかしケアを怠ると水着などを綺麗に着こなすことができなかったり、夫や彼氏に対して非常に恥ずかしい思いをすることもあるのです。

そのため浴室でカミソリや毛抜きを使ってケアしようと試みる人も多いものです。しかしVラインまでは綺麗に脱毛できても、IやOラインは自分で目で見て確認することができず綺麗に処理しきれないことがほとんどなのです。

そこでVIOラインのケアでお勧めなのが、エステサロンやクリニックを利用した脱毛施術です。両者はレーザー照射によって抜きたいVIOラインに光を照射するだけなのです。

すると一週間もするとムダ毛が自然に抜けます。抜ける際には痛みを感じる事無く肌トラブルもほとんど見られません。

デリケートなVIOラインには光脱毛が最適

特にVIOラインは皮膚が薄く、非常にデリケートなゾーンだけに肌への負荷が少ないこうした施術が最適だと言えるのです。

またクリニックによる医療脱毛であると医師が徹底したカウンセリングによって肌質を見極め、それに最適な光出力照射で施術してくれるので炎症や赤みなどのトラブルがほとんど見られません。

またデリケートゾーンであるだけにクリニックなど衛生面が万全なところで脱毛施術を受けたほうが良いと言えます。

 

当サイトでは福岡で口コミの評価が高いおすすめのVIO脱毛サロンを紹介しているので、是非参考にしてみてください。

自分に合ったプランが見つかる!福岡のVIO脱毛サロン一覧

脱毛は何ヶ月おきにするのがベストか

ムダ毛の処理を何ヶ月おきにするかは、毛周期のサイクルによって決まります。毛には成長期、退行期、休止期という周期があり、これを繰り返して成長しています。

そのため、処理できるのは目に見えている成長期のムダ毛のみです。そして皮膚の下には、次に生える予定のムダ毛が成長しているために、すぐに生えてきます。

ムダ毛の処理は自己流ではうまくいかない

実際に表皮の上に出ている部分は、毛の3分の1程度です。そのため剃ってもすぐ生えてくるように感じます。また自己流の脱毛で、生えている方向と逆に抜くと、毛穴が押し広げられるためにそこから細菌が入り、場合によっては炎症を起こします。

脚のムダ毛は多少向きが一定していますが、ワキなどは生えている方向が揃っていないため、自己処理は難しいです。

毛周期や部位によって異なる効果的な施術回数とは

毛周期は部位によって違うため、脱毛を何ヶ月おきに行うかは、厳密には脱毛の部位によります。サロンやクリニックによって行われているレーザーでは毛を成長させる毛乳頭を壊しますが、退行期と休止期に入っている毛は処理できません。そのためサイクルに合わせて2ヶ月おきであったり、3ヶ月おきであったりします。

これは処理する部位によって、毛周期が異なるためです。剛毛だから通う回数が増えたり、細い毛だから3ヶ月に1回で良いということではありません。

例えば脚のムダ毛は、3ヶ月から6ヶ月のサイクルで、顔の産毛はおよそ2ヶ月です。レーザー脱毛なら、一般的に2ヶ月に1度の施術が効果的です。

Iラインの脱毛周期について

ムダ毛には再生したりムダ毛が全く生えない時期があったりとそれぞれの時期があることを理解しておく必要があります。よって、レーザー脱毛はこの周期に合わせて施術を行うようにスケジューリングがなされているのです。

Iラインは他の箇所より太く濃いので効果がでやすい

Iラインも例外ではなくてそれに合わせて予定を組むようになっているのです。まず、Iラインというのは個人差はあるものの比較的毛根が太い部分であるので、メラニンにレーザーが反応しやすい部分です。

1回のレーザー照射によってかなりのムダ毛が抜け落ちます。このメカニズムというのは、毛根に含まれる毛母細胞を破壊するので、毛根を根こそぎ破壊して抜け落ちるようになっているのが特徴です。

弱めのレーザーの場合は3回の照射後に毛休期

Iラインというのは粘膜に近いことから、少し弱めのレーザー照射を行うことからレーザー脱毛に時間がかかる場合もあります。レーザー照射を3回終わったところで毛休期という周期に突入します。

毛休期に入るとムダ毛が全く生えない時期が到来することから、当分エステサロンやクリニックに通う必要がなくなります。この毛休期という周期は大体数ヶ月続きます。

この期間はムダ毛がほとんど再生しません。この期間が終わると再びムダ毛が再生するので施術をスタートします。

-未分類

Copyright© 福岡で口コミ評価が高いVIO脱毛ランキング , 2018 AllRights Reserved.